ニュース

永久コンタクト(ICL)!レーシックとは違う?メリットデメリットは?手術や術後の注意点、費用は?

更新日:




指原莉乃さん永久コンタクト手術をしたとの報告をしましたが、このニュースを見たとき

ん?レーシックのことでしょ?

と思いましたが、どうやら全く違うようです。

そこで、永久コンタクトとレーシックの違い。
そして手術や術後の注意点などを調べてみました。

永久コンタクトとは?

コンタクトといえば、朝起きてからセットして夜に外す。
使い捨てコンタクトレ

ンズが出ただけでも昔は衝撃を受けましたが、今度はコンタクトを永久につけている。
つまり、取り外し不要のコンタクトが誕生した、ということですね。

ちなみに永久コンタクト(ICL)はこんなようなものです。


参考元:https://www.sbc-lasik.jp/icl/price.html

これを目の中に埋め込むことで視力がよくなるということなんです。

ちなみに、歯の治療ではもはやお馴染みとなった言葉インプラント
これは移植という意味で、永久コンタクトもインプラント(移植)と呼ばれています。

レーシックとの違いは?

簡単に説明すると上記にもありましたが永久コンタクトは移植です。
これに対して、レーシックは角膜を削る

この違いです。

メリット・デメリット

永久コンタクトとレーシックの違いを認してみましょう。

参考:https://www.sbc-lasik.jp/icl/

永久コンタクトの方が優れていますね。

レーシックをやろうと思ったが、視力の関係でできなかった人も永久コンタクトなら、それが可能になる!

そして何より手術前の状態に戻せる!これはやはり大きいですよね。

レーシックは一度行うと元に戻せないし、何より失敗する可能性もあるため、なかなか踏み出せない人もいると思いますが
永久コンタクトは元に戻せるので、敷居が低いのではないでしょうか?

デメリットはレーシックと比べるとほとんど無いようですね。

永久コンタクトというものは結構前から存在していたようなのですが、当時の永久コンタクトは手術代がとてつもなく高額で、しかもその手術で目に後遺症が残る危険性があったりしたそうです。

だったら費用の安いレーシックの方がいいじゃん!という流れでレーシックが流行したのですね。

しかし永久コンタクトも開発が進み、レンズを眼内に挿入するだけ。という簡易手術で行えることになりこうして今話題となっています。

安い?高い?

片目約30万円かかります!(両目で約60万円)

私は昔はコンタクトを使用していましたが、現在はメガネを使用していてメガネに愛着があることもあり、この値段をぽんっと払えるほど裕福ではありませんので正直高いと思ってしまいました・・・。

ただ、現在使い捨てコンタクトを使用されている方は、毎月のコンタクト代を計算してみて、誤差が少ないのであれば、これを機に永久コンタクトを検討してみるのもいいかもしれませんね!

ちなみに永久コンタクトを治療する前に適応検査があります。

簡易検査の後、詳細検査があるのですが、ほとんどのクリニックが無料で簡易検査をしてくれます!
なので気になった方は、検査をして専門の医師と相談してみてはいかがでしょうか?

まとめ

一昔前では想像もつかないほど進化した時代になりましたね。

目が悪くて良かったことなんて多分ありません。強いて言えばメガネで雰囲気を変えられるぐらい?(笑)

起きた時のあのぼやけた世界からおさらばしたい!という方は私以外にもいるはず!?

お近くのクリニックで、永久コンタクトをやっているところがあれば、一度尋ねてみるのもいいかもしれませんね!




-ニュース

Copyright© スリーチェック , 2018 All Rights Reserved.