ニュース

六花亭、方言を使った商品。ライセンス料は?そだねー以外何がある?

更新日:




平昌オリンピックで一躍話題となった「女子カーリング」

彼女たちといえば、試合の途中に休憩で食べ物を食べる「もぐもぐタイム」

試合の中の会話で聞こえる「そだねー」という方言ですよね。

今年の流行語にもなるんじゃないかと思うほどこの「そだねー」が流行ったが

この言葉が商標登録申請されたとの報道がありました。

しかもカーリングとは直接関係のない無関係の会社だということで波紋を呼んでいます。

六花亭

「そだねー」を商標登録申請したのは北海道の製菓メーカー「六花亭」という会社です。

「マルセイバターサンド」「雪やこんこ」や「ストロベリーチョコ」などを手掛ける会社で、北海道内でいえば有名な製菓メーカーとのことでした。

今回の騒動により、六花亭の公式ホームページにて声明文が出されました。

弊社で2018年3月1日に商標登録申請をさせていただいた「そだねー」について、
ご説明申しあげます。
弊社では、北海道のおやつとして親しんでいただきたいという思いから、「めんこい」大
平原、「なんもなんも」を始めとした北海道の方言を製品名として使用させていただいてお
ります。この度も同様に、愛着ある言葉として使わせていただきたく、申請させていただ
きました。
商標制度の特性上、独占という印象は避けにくいのですが、弊社で申請中の商標「北加
伊道」は、他社様からご利用の申し出をいただき、ぜひお使いくださいと、先日ちょうど
お返事させていただいたところでした。

引用:六花亭

以前から、北海道の方言を製品名として使用しているようですね。

調べてみましたが確かに方言を使った商品がありました。

めんこい大平原

引用:六花亭オンラインショップ

 

税込360円

一口サイズのマドレーヌですね。
ちなみにめんこいとは、可愛いという意味です。

なんもなんも

引用:OMIYA!

税込380円

こちらはチーズ味のおせんべいです。

現在オンラインショップでは見当たりませんでした。
もう販売終了してしまったのでしょうか?

六花亭では、それ以外にも結構ユニークな商品が多いですね。

○△□(まるさんかくしかく)や、うんとこせーどっこいしょなど

一体どんなお菓子なの?と思わず気になってしまう名前がありました。

みんなの反応は?

「そだねー」の商標登録申請に関してツイッターではどんな反応があったのでしょうか?

否定的な意見

便乗商法でしょ」

「六花亭見損なった

「抜け目ないねー」

商魂すごいね」

やっぱりこのタイミングでの商標登録申請はこう思ってしまうのも当然ですよね。

今まで方言使ってきたのはわかるけど、日本中で話題になっている今申請をするってどういうことなの?と思ってしまいます。

肯定的な意見

「悪徳企業に取られるよりは有名企業だしいいんじゃない

「商標ゴロから守ったってことでしょ」

公式の声明文でもある通り、『独占するために申請したわけではない』とのことなので、他の悪徳企業などからこの言葉を守っているとも捉えられますよね。

ライセンス料は?

商標登録された文字や図形などは、商標権の所有者によって、第3者での使用を禁止できます。

そして、使用したい人(企業)は、所有者に許可を得ることにより使用が可能となります。

商標を利用する時に支払うものをライセンス料(使用料)と言います。

相場では売上の数パーセントと言われていますが、これはあくまでも相場であって、その料金は所有者が自由に決めることができます

そうです。無料でもいいのです。

今回、六花亭は独占するつもりはないとのことでしたので、許可を得れば無料で使用できる可能性もある、ということですね。

まとめ

とにかく話題となっている言葉なので騒然となりましたが、有名企業が所持することにより安全になるのではないでしょうか?

独占するつもりはないとあるように、個人的には優良企業が所持してもらっていた方がいいと思います。

一方で、女子カーリングと関係のあることといえば北海道のみで、無関係の企業であることも確かです。

これをきっかけに六花亭がスポンサーになったりと、公式化していくなどの動きもあるかもしれませんね。




-ニュース

Copyright© スリーチェック , 2018 All Rights Reserved.