スポーツ 高校野球

吉田輝星の卒業後は大学進学?マウスピース王子のドラフト指名

投稿日:




今年の夏の甲子園で大活躍し、一気に有名人となった金足農業の吉田輝星選手。

 

卒業後は進学するのか、ドラフト指名でプロ入りするのか気になりますよね!

また甲子園ではマウスピースを付けていた事から「マウスピース王子」と呼ばれていますね。

 

そんな吉田選手の進学説やドラフト指名など気になる事を調べてみました。

スポンサーリンク




プロフィール

引用:livedoor NEWS

名前:吉田輝星(よしだこうせい

生年月日:2001年1月12日

出身:秋田県潟上市

身長:175cm

体重:82kg

投打:右投げ右打ち

ポジション:ピッチャー

 

吉田選手はTwitterを開設したので興味のある方はフォローしてみてください♪

偽者がかなり出回っているので吉田選手のアカウントを念のために載せておきます(笑)

@kananoace

 

これ以外は全て偽者です!!

ただ現在あまりの反響に本人が驚いてしまったのか、名前も「あ」になっていますし、プロフィール欄も消されてしまっているので、しばらく呟かない可能性があります。。。

 

 

経歴

吉田選手は、小学3年生から天王ヴィクトリーズで、軟式野球を始めたそうです。

中学時代も軟式野球部に所属し、中学3年の夏は県大会ベスト4の実績を残して、潟上市中学選抜入りも果たしていますね!

つまり高校から初めて硬球を触ったという事になるので、凄いですね!

 

 

投球スタイル

吉田選手と言えばなんといっても最速150km/hのストレート

そしてスライダーカーブスプリットなどの変化球を織り交ぜて投球していますね。

 

ピッチャーとして既にハイレベルな領域に達しており、制球や変化球、そして牽制やフィールディング、全てにおいて完成度が高いと語るスカウトマンが多数いますね。

スポンサーリンク




卒業後は進学が濃厚

甲子園で大活躍をし多数のプロ球団やスカウントマンの注目を集めている吉田選手ですが、卒業後はすぐにプロ入りはせず進学するのではないかと言われています。

 

そんな吉田選手が進学希望をする大学があるそうです。

 

それが八戸学院大学です。

 

ポイント

・八戸学院大学の正村公弘監督の存在

・高校2年生のときから正村公弘の指導を受けていた

八戸学院大学の正村公弘監督は投手を育てる腕には定評があり、吉田選手も指導を受けて急成長をしたそうなんです。

その結果が今年の夏の甲子園のピッチングに繋がっているかもしれません。

そう考えると、自分をそこまで成長させてくれた正村監督がいる八戸学院大学に進学し、更なるステップアップを目指すという考えは自然な流れなのかなと感じます。

 

こんな噂

・進学って言っておいて、プロ野球に行くんじゃない?

・プロ球団との駆け引き?

野球界では現在一時的に吉田選手の話で持ちきりになっているそうですが、そんな中、上記の様な噂もささやかれているそうです。

 

その理由としてはまず八戸学院大学にはプロ球団と太いパイプを持った凄腕のスカウトマンがいるそうで、進学希望を打ち出して他球団の気をそらし、ギリギリのタイミングでプロ志望届けを提出させ、希望球団以外にドラフト指名された場合は拒否しそのまま八戸学院大学に進学という絵図を描いているのではないかと在阪球団のスカウトが言っていますね。

 

八戸学院出身選手

・西武の秋山選手

・楽天の塩見選手と青山選手

上記の選手が八戸学院大学出身の選手なんですよね。

特に東北である楽天のスカウトマンは特に吉田選手に前から目を付けていた可能性はあるので、こういった事もありえるのかもしれませんね。

 

しかし、何より本人が今後どうしたいのか。それを一番尊重して決めて頂きたいですよね。

 

 

ドラフト指名は?

進学の話をしましたが、吉田選手がプロ志望を出した場合、どの球団がドラフト指名をするのか気になる所ですよね。

まずは野球界の関係者の吉田選手への評価を見ていきたいと思います。

 

準決勝を見た元ヤクルトスカウト責任者の片岡宏雄さん

前半は少し力を抜いていた。
それでコントロールが安定したし後半は力を入れてピンチで踏ん張っていた。
吉田の魅力はストレートの質の高さで、いいスピンがかかっている。
狙って空振りを取れるピッチャーはそうはいない。
それに体のバランス、フォームのバランスがいい。
守備力もあるし、変化球も多彩で、コントロールを含めた総合力では敵わないけど、ストレートのボールの質と速さは、松坂大輔クラスだと思う。

 

日本ハム・山田スカウト顧問

体に力があり、なおかつ柔らかさも備えたピッチャー。
投球フォームが良い上に、マウンド度胸や落ち着きもある。
投手として大切な物を持ち合わせています。
得点圏で走者を背負ったときにギアを上げるピッチングも評価できる。
今後ますます成長するでしょうし、将来性を加味したら1位候補の12人に入れてもおかしくない

 

楽天・長島スカウト部長

今年の高校生の右投手では一番。直す所がない。
牽制、フィールディング、マウンドさばき、全部がうまい。
センス、完成度の高さを例えるなら桑田(元巨人)かな。

 

 

こんな感じで、色んな球団のスカウト陣は吉田選手に対してかなり高評価をだしていますね!

 

特に名スカウトと呼ばれていた片岡さんは自分がスカウト時代に見てきた投手と比較するとやはり横浜高校時代の松坂大輔に匹敵するほどのストレートと言っているので吉田選手のストレートはとても質がいいという事がわかりますね!

 

やはり東北の楽天イーグルスに個人的に進んで欲しいところではありますが、現在の楽天は内野手の主力がベテランという事もあり内野手の即戦力を取ってくる可能性を考えると難しい所ではありますね。。。

スポンサーリンク




試合中にマウスピース

甲子園に出場し、一気に有名人となった吉田選手ですが、そんな吉田投手の「歯が白すぎる!!」と話題に上がっていますね!

吉田選手は投球する際に奥歯が欠けるほど踏ん張る為、2年前から着用するようになったそうです。

 

マウスピースと言えばボクシングで着用しているのが一般的なイメージですが、野球でも投げる時や打つときに歯を食いしばるのでプロ野球選手でも使用している選手も少なくはないみたいです。

 

皆さんも経験はあると思いますが、思いっきり力を入れるときって歯をくいしばりますよね!

実際に効果はあるそうで、しっかり食いしばれるとパフォーマンスが違うようです。

芸能人は歯が命なんてキャッチフレーズが昔に流行りましたが、スポーツ選手も力を入れる場面って必ずありますから、むしろスポーツ選手の方が歯が命かもしれないですね(笑)

 

 

吉田選手は甲子園では白のマウスピースを付けていましたが、試合では白しか使えないそうで、実際には「ピンク」とチームカラーである「」を持っているそうで、練習の時はどちらを付けるか迷うそうですよ(笑)

 

今後、野球以外でもスポーツを見る時に口元を注目してみると意外な人が付けていたりするかもしれないですね!

スポンサーリンク




まとめ

夏の甲子園で初の決勝進出を決め、見事なピッチングで沢山の人に感動を与えた吉田選手。

その人気は凄く、Twitterを開設してわずか5時間でフォロワー5万人超えという凄さ!!

 

あの落合氏も「オレが監督ならドラフト1位」と評価をしているのを聞くと吉田選手の実力はやっぱり凄いんだと納得できる方も沢山いるかもしれないですね(笑)

 

高校卒業後は大学へ進学するのが、プロ入りするのか。

吉田選手の今後にもかなり注目ですね!




-スポーツ, 高校野球
-, , , , , , , ,

Copyright© スリーチェック , 2018 All Rights Reserved.