アニメ・漫画・声優

さらざんまい|放送前に物語の考察をしてみた。カッパとカワウソ

更新日:




2019年春アニメ「さらざんまい

 

幾原邦彦監督の最新作アニメということで、早くも考察する方たちが続出。

タイトルも独特で現在発表されているPVも不思議要素いっぱいですよね。

 

そこで、アニメ本編がスタートする前ですが、さらざんまいの謎についての考察をまとめてみました。

スポンサーリンク




さらざんまいのあらすじ

舞台は浅草。
中学2年生の矢逆一稀、久慈悠、陣内燕太の3人はある日、謎のカッパ型生命体“ケッピ”に出会い、
無理やり尻子玉を奪われカッパに変身させられてしまう。

『元の姿に戻りたければ“ある方法”でつながり、ゾンビの尻子玉を持ってこい』
ケッピにそう告げられる3人。少年たちはつながりあい、ゾンビの尻子玉を奪うことができるのか?!
同じ頃、新星玲央と阿久津真武が勤務する交番でも
何かが起ころうとしていたー。

引用:さらざんまい公式HPより

カッパ」が重要になってくる物語のようですね。

 

幾原監督もカッパについて

この作品に出てくるカッパが本物のカッパです!と言いたいです(笑)

と言っていました。

 

 

そして作品の雰囲気についても幾原監督は語っており

「今まで妖怪が出てくるアニメたくさんありましたけど、僕に言わせると子供騙しです。これが本当の大人の妖怪モノです!

 

さらざんまいのイラストを見る限りではカッパも可愛いですしホラーっていう感じはしないんですよね。

まどマギのようなテイストになるのでしょうか?

 

 

そして『尻子玉

これはカッパ伝説に出てくる言葉なんですが、カッパ伝説について知らない方のためにご説明をさせて頂きます。

スポンサーリンク




カッパ伝説とは?


河童は日本の妖怪、伝説上の動物です。

 

体格は子供のような小さいな体に、全身は緑色または赤色と言われています。

頭頂部には皿が乗っていて、いつも水で濡れています。

皿が乾いたり割れたりすると死んでしまう。

 

背中には亀のような甲羅があり、手足には水掻きがあるというのが一般的に知られている姿ですね。

また、姿は「猿やカワウソのようだ」と表現されることもあります。

 

河童には善良な河童邪悪な河童の2通りがあります。

善良な河童

・悪戯好きだがひどい悪さはしない
・土木工事を手伝った
・河童を助けた人間に魚を贈った
・薬の製法を教えた

人間に対して友好的な河童ですね。

 

邪悪な河童

・人を水中に引き込み溺れさせる
・尻子玉を抜いて殺したりする

という対局的な説もあります。

スポンサーリンク




尻子玉とは、人間の肛門内にあると想像された架空の臓器で、河童は、抜いた尻子玉を食べたり、竜王に税金として納めたりするという説があります。

また、尻子玉を抜かれた人は「ふぬけ」になると言われていますが、さらざんまいでは尻子玉を抜くとカッパになってしまうという設定になっているようですね。

 

さらざんまいに出てくるカッパ「ケッピ」は、上記を当てはめてみると邪悪な河童ということになりそうです。

もしかしたらケッピ以外にもカッパが存在していて、善良な河童として登場してくるという展開もあるのかもしれません。

 

 

そしてもう一つ気になるのが「ゾンビの尻子玉」という部分ですよね。

河童とゾンビが出てくるアニメって今まで無いのではないでしょうか?

 

それでは、前情報もお伝えしたところで、いよいよさらざんまいの考察へと行きましょう!!

スポンサーリンク




さらざんまいの考察

考察内容の主はアニメ放送前に発表されている3つのディザーPV。

本当のことをいうよ編

たとえ、すべてが過ぎ去って、 この世界が空っぽになっても。

「本当の事を言うよ。君は繋がっているけど、ひとりなんだ。手放すな、欲望は君の命だ」

 

この世界が空っぽになっても編

その河を渡れ。 もう決して戻れないのだから。

「たとえ、全てが過ぎ去って、この世界が空っぽになっても、 僕は、この繋がりを守りたい」

 

でも、それが嫌なんだ編

僕がウソなのか、 世界がウソなのか、 僕たちがウソなのか。

「僕たちは繋がっている。 でも、それが嫌なんだ。 でも、それが欲しいんだ。 欲望の強いやつは誰だ」

20秒弱の短いPVですが、かなり意味深な言葉と映像ですよね。

スポンサーリンク




そして、意味深すぎる画像

 

ちなみにこのディザーPVの声を担当しているのは諏訪部順一さんです。

その後、主人公たちが登場する「つながるPV」が公開されました。

スポンサーリンク




欲望とつながり

全てのPVに「欲望」と「つながり」がキーワードになっていますよね。

つながりに関しては、幾原監督のコメントからも超重要であることは明白です。

 

「スマホでいろんなアプリを使って、つながりが日常的になっている現代」

「つながりたいという欲求と、つながりがうっとおしいという気持ちが混在している。そのままつながっていたらどこに行くのか、つながりを失ったらどうなるのか、つながりが必要なのか必要じゃないのか」

 

また、先行スタートしているぷれざんまいというラジオでも、スマホとかがない時代は何でもつながれないのが逆にドキドキできた。ということも言っていて、幾原監督は現代のSNS時代に疑問を投げかけたいのではと思います。

 

欲望に関してはキーワードであるということしか判明していませんが、今の所「欲望=命

つながりたいという欲望なのか?それとも違う欲望で、つながりを切る=裏切る人という意味なのか?

という予測が立てられます。

スポンサーリンク




そしてさらざんまいには河童がでてきますが、ディザーPVに出てくる動物は河童には見えませんよね?

すでにほかでも騒がれていますが、恐らくこの動物は「カワウソ」だと思われます。

先に河童についてご紹介したとおり、河童はカワウソのようだと表現されることがあります。

 

 

そして河童は尻子玉を食べるとも言われており、右側の丸は尻子玉を表してているのではないでしょうか?

もう一つ、カワウソが登場する河童の物語があります。

スポンサーリンク




芥川龍之介の河童

この物語には河童の敵対視する存在としてカワウソが登場しています。

さらざんまいは、この芥川龍之介の河童をオマージュしているのでは?という説が流れています。

 

芥川龍之介の河童の作品を簡単に説明すると

・人間(主人公)が河童の世界に迷い込む
・河童の世界は人間の逆
・主人公は精神患者であった

【要約】人間世界の皮肉の物語

河童の世界では出産の時、子供に「お前は生まれたいか?」と聞きます。

生まれたいと答えれば出産するし、生まれたくないと答えれば流産となる。

 

人間世界では両親が生むのか産まないのかを決めますが、河童の世界では両親でなく子供に決定権があるということです。

 

 

そしてこの「」という文字がさらざんまいの主人公の1人である「矢一稀」と文字が入っている点。

 

その後に発表されたつながるPVにでてくるロッカーが、お腹の中という暗示なのでは?

引用:さらざんまい「つながるPV」より

・カワウソ

・逆

・妊婦のお腹=コインロッカー

以上のことから、芥川龍之介の河童を下敷きに作られていると予測できます。

スポンサーリンク




さらざんまいというタイトル

次に、さらざんまいのタイトルについて考察してみます。

 

順当に考えたら、さら=河童の頭に乗っている皿

次々に尻子玉を取られて人間が河童になっていく=さらざんまい。

という考えもできます。

 

ざんまいは「心のまま」「熱中する」などの意味があります。

そして「さら」が何を意味しているのか?ですよね。

 

 

 

ひとつ気になったのが、という文字と欲望の関係性です。

 

【盗む】という文字がありますよね。

この漢字は、昔は盜むと書かれており上の文字が「冫」ではなく「氵」です。

 

文字の意味は「よだれを垂らす様」を表しており、人間の欲望を意味しています。

そして盜む=皿の上に乗った豪華な食事によだれを垂らす様子を「盗む」と書きます。

 

欲望=盗む

そしてケッピは人間から尻子玉を盗む。

主人公たちはゾンビから尻子玉を盗んでこいと言われる。

 

何かしら関係があるのではないか?と予想できますよね。

スポンサーリンク




ダンボールはゾンビ?

PVの所々に出てくるダンボールですが、ダンボールはゾンビを表しているようですね。

第1話に出てくるゾンビが発表されていますが、頭がダンボールです。

引用:さらざんまい公式HPより

ダンボールの姿をしたゾンビ。

これももしかしたら何らかの意味をなしているのかもしれません。

スポンサーリンク




カワウソの関係

まず前提として、ディザーPVの動物がカワウソだったと仮定します。

 

尻子玉を食べている様子から、ケッピの正体はカワウソだと予想できます。

主人公たちのカッパの姿とは全然違いますし、ケッピはカッパ型生命体と説明されています。

あくまでカッパ型なんですよね。

ということは本当の姿は別にあるという考えもできます。

スポンサーリンク




もう一つ、伝承中のカワウソは人間に化けるという話があります。

その姿は18〜19歳の美女と言われています。

 

さらざんまいの中に出てきている後ろ姿の美女。

実は人間に化けたカワウソでケッピと敵対関係にあると想像することも出来ます。
(芥川作品:河童とカワウソが敵対関係ということから)

スポンサーリンク




アの看板

PVのいたるところに出てきているアの看板

引用:さらざんまい「つながるPV」より

アに丸=アニマル

ア丸=余る

という考察がされています。

スポンサーリンク




ディザーPVの画像

冒頭でも紹介しているディザーPV3枚の画像について個人的に考察をしてみました。

 

表裏一体・逆

上下に向いている人間ですが、よく見ると腕の部分が繋がっています。

つまりこれは2人ではなく同じ人間の表と裏を暗示している。

そして✕が書いてあるのを見ると、表と裏は違う。という意味なのではないかと予想しています。

スポンサーリンク




主人公たちは死んでいる?

先程から「逆」であったり「表と裏」などの対になることが多いですよね。

この画像、普通に見れば順番に死んでいくというような描写に見えます。

 

それをに見てみましょう。

何かに吸い込まれているようにも見えます。

つまりこれは異世界へと迷い込む。という見方もできるのではないでしょうか?

 

もう一つ、上の黒い丸が輪っかだとしたら、天使のような形になります。

ということは、主人公たちの3人は既に死んでいるということになる?

スポンサーリンク




カワウソ=ケッピ

これは既にお話していたものですね。

右にある丸が尻子玉だとしたら、このカワウソ=カッパということになります。

つまり、ケッピはカッパ型の生命体ですが、その正体はカワウソだったということですね。

 

 

まとめ

幾原監督の最新作「さらざんまい」

今回ご紹介させて頂いた考察はアニメ放送前の考察となっていますので全く確証のないお話しです。

 

みなさんはどう考察していますでしょうか?

もしよかったらコメントにて教えていただけると嬉しいです。

 

放送は2019年春ですが待ち遠しいですね!!

考察が唸る作品として有名な監督ですので、楽しみです♪

 

 




-アニメ・漫画・声優
-, , ,

Copyright© スリーチェック , 2019 All Rights Reserved.