パチンコ・スロット

パチンコ換金禁止はネット上のデマ|国営ギャンブルにも対策発言

更新日:




BSフジで放送されているプライムニュースにて、菅義偉官房長官が出演。

IR実施法についての話の中で、こんな項目がありました。

 

「ギャンブル依存症対策」

 

 

これに関して菅義偉官房長官の発言により、ネット上で話題となっています。

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク




発端はプライムニュース

7月24日放送のプライムニュースで、IR実施法についての発言が発端となっています。

 

 

 

「パチンコではギャンブル性がないような形にする」

 

このような発言から、ネット上では換金が禁止される!!

 

 

といった反応になり、出回ったわけですね。

 

 

ツイッターの反応

色々騒がれていますね。

 

けどこれ実は…

 

 

 

 

ネット上のデマなんです。

 

 

もう気づいている方はいるかもしれませんが、菅義偉官房長官は「換金禁止」なんて言葉は一切発言していません。

 

そもそも、パチンコ店では換金行為なんてしていないんですよね。

スポンサーリンク




 

パチンコ・スロットはアミューズメント扱い

パチンコ・スロットはアミューズメント施設として運営しています。

 

 

客が出した出玉をお金に換えていません。

換えているとしたら、それは違法行為です。

 

 

ではどういう仕組みなのか?

 

 

 

簡単に説明しますと。

 

・出玉はお金にできないので景品に換える

 

 

店舗内でお金のやり取りは一切しません。

 

 

 

店内で行なっているのは、メダルを景品と交換することです。

 

パチンコ店内には、食料や生活品などが取り揃えておりそれをメダルと交換することができます。

それ以外にメダルを金貨を交換することができるのです。

 

 

 

そして、店舗の近くには決まって換金所というものが存在しています。

 

 

そこでたまたま、パチンコ店で取り扱っている金貨を交換することができ、それを換金所でお金に換える。

 

これがパチンコ店での換金システムです。

 

 

出玉 ⇨ 景品 ⇨ お金

 

 

 

というような流れです。

なのでパチンコ店で換金禁止という言葉自体が間違っていることになります。

 

 

プライムニュースで何を話した!?

全ての大元となった動画がこちら


動画30:00頃からギャンブル依存症について触れています。

 

 

ネットで出回っている情報と全く違いますよね。

 

そもそもパチンコ店のみならず、国営ギャンブルについても「家族が反対したら券が買えないようにするなどの対策」と、メスを入れる発言をしています。

 

 

そして何より、パチンコについてですが「ギャンブル制をなくす、とかね」と発言しています。

 

 

 

とかね。

 

これって結構重要ですよね。

 

 

「こんな案とかあるんですよ。」程度の発言ですよねこれ。

 

 

なので換金禁止は現状起こり得ないということですね。

 

仮に、景品との換金禁止にしたとしても、どうせまた別の景品を換金できるシステムに変えると思いますし、イタチごっこになるのは目に見えてますよね。

スポンサーリンク




ではどうなるのか?

換金禁止はないにしても、何かしらの対策をすることは確定していますよね。

 

ではこれからどうなっていくのでしょうか?

 

 

 

予想を立てて見ました。

 

・メダル・玉のレートを下げる。

・出玉上限を設ける

・入場許可証などの発行

 

現在、パチンコ玉のレートは1玉4円(1,000円500玉)、スロットメダルのレートは1枚20円(1,000円50枚)となっています。

 

 

近年、レートを下げた1玉1円、メダル1枚10円又は5円など、低レートができています。

 

この低レートが主軸になる可能性が高いのではないのかなと。個人的には思っています。

 

 

今までのゲーム性はそのままで、投資額と回収額が両方減りますからね。

とりあえず借金してまでやる人は少なくなるのではないでしょうか?

 

 

 

問題は、経営ができるのか?ですね。

そんなんじゃ設定入れないじゃん。というお話ですよね。

 

 

 

 

 

続いては出玉上限を設ける。

 

勝てる額が決まっているのであれば、それ以上の投資はしなくなるんじゃないのかな?と思います。

ただ、これをしてしまうと長期的にやる人がいなくなるので微妙ですね。

 

現在のスロットの出玉上限は、一旦出玉がストップするだけなので、打ち込めばそれ以上の出玉は獲得できる可能性はあります。

 

 

 

 

最後が入場許可証などの発行

 

日本のカジノでも採用されますし、許可証の発行条件が、親族の許可がおりれば発行できるようになれば、依存症で家族が不幸になるなどの心配はなさそうですよね。

 

 

問題は、全ての店舗でどう統一化するのか?ですね。

パチンコ・スロットは国営ではなく、企業経営なのでうまく企業間が連携しないと難しそうです。

最後に

パチンコ店の換金禁止は全くもって根拠のないデマです。

 

ツイッターにもありますが、そんなことしたらお店はすぐに潰れてしまいます。

 

 

そして、お店で働く人、パチンコ台を開発する人、台を作る人。

現在では色々な人・職業の人が関わっています。

 

 

「そんなの関係ないから潰してしまえ」

 

という意見も聞きますが、依存症がなくなる代わりに失業者が膨大に増えてしまいます。

 

 

これでは意味がないのでは?と個人的には思っています。

正直、メス入れるのが遅すぎるだろ!と思っていますが、カジノができる頃には何かしらの進展があると思いますので、ある程度納得のできる内容であることを願っています。




-パチンコ・スロット
-, , , , , ,

Copyright© スリーチェック , 2018 All Rights Reserved.