ゲーム

全国高校eスポーツ選手権の種目と参加基準|開催日程や場所はどこ?

更新日:

最近話題になっているeスポーツですが、日本で『全国高校eスポーツ選手権』が開催されることが確定しました。

 

eスポーツはどんなスポーツなのか、全国高校eスポーツ選手権の内容を紹介します。

 

スポンサーリンク




 

eスポーツ

eスポーツとは、エレクトロニック・スポーツといい複数のプレイヤーで対戦されるコンピュータゲーム(ビデオゲーム)をスポーツ・競技として捉える際の名称です。

 

 

欧米では1990年代後半から高額な賞金がかけられた世界規模の大会も開催され、参加者の中にはアマチュアから年収1億円を超えるプロゲーマーまで含まれています。

 

 

プロフェッショナルeスポーツという職業があり、大会賞金のほかスポンサーによる援助やキャンペーン出演料などを収入としています。

プロのプレイヤーの中には年収が一億円を超えるプレイヤーもいます。

 

韓国では、国民的人気を得てタレントのようにさまざまな方面で活躍しているものもいるため、なりたい職業の上位にランクインするほど浸透しています。

 

日本ではまだまだ浸透していませんが世界では浸透しているようです。

 

 

日本でのeスポーツは未承認国です。

しかし、光回線やパソコンの普及が進むにつれPCゲームの年々競技人口が上がりつづけています。
家庭用ゲーム機ではCyACが開催した『コール オブ デューティシリーズ』の大会で、720名以上参加した大会が開催されています。

 

 

日本eスポーツ連合では賞金付きの大会やプロライセンスの創設を目指しています。

公認ライセンスはタイトルごとに設定され、

 

・ウイニングイレブン 2018
・コール オブ デューティ ワールドウォーII
・ストリートファイターV アーケードエディション
・鉄拳7
・パズル&ドラゴンズ
・モンスターストライク

が選定されています。

 

しかし、日本国内での賞金付き大会に関して、賞金や賞品が高額の場合は不当景品類及び不当表示防止法に抵触すると指摘を受けており、

・主催者やゲームデベロッパーなどと利害関係にない第三者がスポンサーとなる
・プレイが基本無料で課金要素が結果に影響しないタイトル

などの条件を満たさなければ摘発の可能性という問題があります。

 

スポンサーリンク




 

全国高校eスポーツ選手権

出典:全国eスポーツ選手権公式Twitter

全国高校eスポーツ選手権は、毎日新聞社が主催でサードウェーブが共催のプロジェクトとして開催します。

サードウェーブは小売業者「ドスパラ」「上海問屋」運営やワークステーション、サーバー関連商品・サービスの販売を行っている会社です。

 

ゲーミングPC購入で色々調べている方はドスパラは知っているのではないでしょうか。

 

 

 

2社が企画した狙いとして「全世界で巻き起こるe-Sportsのムーブメントを、新時代を象徴する「新しい文化」として発展させていくため」です。

 

今世界ではeスポーツが熱いですが、まだまだ日本浸透していないので徐々にでも浸透していってほしいですね。

 

大会の日程は、

オンライン予選:2018年 12月下旬 ※試合はインターネット上のみで開催

オフライン決勝:2019年 3月下旬 ※試合は都内会場で開催予定

 

となっています。
まだ、詳細な日程/会場は決まっていません。

 

予選試合はインターネット上のみなので相手と顔を合わせず戦う普通のオンライン対戦になりそうですね。

予選を勝ち進んで決勝に進むと会場に設置されたPCでお互い顔を合わせて戦う形だと思います。

 

 

eスポーツを発展させたい狙いなので予選、決勝共にネット上で配信または放送されるのではないでしょうか。

 

また、サードウェーブから大会に併せて「eスポーツ部 発足支援プログラム」を発表しました。

プログラムの内容は、「全国高校eスポーツ選手権」初年度は、本大会へのエントリーを条件にゲーミングPC「GALLERIA」を先着申し込み100校に対して3年間無償レンタルするというものです。

 

 

目的として、部活動での機器導入を容易にし、高校生のe-Sports人口拡大を目指しているそうです。

 

 

ゲーミングPCは求めるものを突き詰める程金額が高くなるので高校生では入手するのは厳しいですからね。
レンタルされるPCは、

●デスクトップ / GALLERIA GAMEMASTER(Core i7 メモリ16GB SSD240GB + HDD1TB GeForce1060 3GB)
●ノートブック / GALLERIA GCF1060TGF-E(Core i7 メモリ8GB SSD250GB + HDD1TB GeForce1060 6GB)

となっています。

 

 

ゲーミングPCとして十分なスペックですね。
これを3年間無償で使用できるのはとても嬉しいですね。

 

スポンサーリンク




 

大会の種目

大会で対戦するゲームタイトルは、『リーグ・オブ・レジェンド』です。

リーグ・オブ・レジェンドはアメリカ合衆国のゲーム会社Riot Games(ライアットゲームズ)が開発したWindows、macOS用のマルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(MOBA)型の基本プレイ無料ゲームです。

2009年10月27日から可動しているオンラインゲームで、世界各国でリーグ・オブ・レジェンドが種目の大会が多く開催しています。

 

 

私自身はやっていませんが、仲間と協力して相手の本拠地を落とす戦略ゲームなのでプレイだけではなく観戦側でも楽しめるゲームですね。

 

スポンサーリンク




 

参加資格/申込み方法

全国高校eスポーツ選手権との名称の通り参加資格は高校生となっています。
細かい基準は、

・日本在住の高校生、高等専門学校生、定時制高校生、通信制高校生(15歳~18歳)
・予選大会と決勝大会に参加できること
・同じ高校からチームを組んで参加できること

となっています。

 

 

リーグ・オブ・レジェンドは複数人の対戦ゲームとなるので個人での出場は厳しそうですね。

基準で「同じ高校からチームを組んで参加できること」なので団体出場が必須条件となりそうです。

 

 

エントリー期間は2018年9月~12月上旬予定なので高校生でリーグ・オブ・レジェンドをプレイしている方は周りに一緒に戦う友達を募ってみてはいかがでしょうか。

 

申し込み方法は、公式Twitterアカウントを通して8月頃の発表します。

 

スポンサーリンク




 

まとめ

eスポーツ『全国高校eスポーツ選手権』が開催決定しました。

参加基準は高校生(15歳〜18歳)となります。

種目はリーグ・オブ・レジェンドでチームを組んでの対戦ゲームとなります。

 

どのような大会になるのか楽しみですね。
また、この大会を通じてeスポーツが日本に浸透することを期待死体です。




-ゲーム
-,

Copyright© スリーチェック , 2018 All Rights Reserved.