スポーツ 高校野球

佐々木朗希の大阪桐蔭との関係|ドラフト候補、変化球や名前の読み方

更新日:

2019年のドラフト候補と言われている「佐々木朗希」選手が在学している、大船渡高等学校が岩手大会の初戦を見事、突破しましたね。

 

そんな大谷2世と呼ばれる「佐々木朗希」選手について調べてみました。

スポンサーリンク




プロフィール

名前:佐々木 朗希(ささき ろうき)

生年月日:2001年11月3日

出身:岩手県陸前高田市

身長:189cm

体重:81kg

ポジション:投手(右投右打)

 

 

 

身長が189cmという事でかなりの長身ですね。

打者より高い位置にあるマウンドから更に長身の選手が投げる球というのは体感速度が相当速く感じるものですが、高校2年生にして球速は最高で154キロ

 

 

この長身でこの球速というだけでかなりの武器になりますよね。

 

 

 

恐らくですが大谷2世と言われている理由としては、大谷選手は長打力もあるイメージなんですが、佐々木朗希選手は50メートルを5秒代で走る俊足で一番打者を任される事が多い選手なんです。

 

 

 

プロ野球では投手が打者やランナーとして出ている時は、基本的には全力疾走や激しいプレーは避けるのが暗黙の了解的な所があるんですが、大谷選手の様に、二刀流で試合に出るというのも今までにはなかったことなので今の時代には全然ありなのかなと思います。

 

 

 

投手で、俊足でトップバッターで出塁したら盗塁も決めていく。

凄い面白い選手になりそうだと思いませんか?

 

 

野手としてフル出場をしないとしても、佐々木選手が登板していない試合で代走として出場し、盗塁を決めるなど、色んな考え方が出来る選手かなと思います。

 

 

ただメインは投手になるとは思うので、怪我という大きいリスクがあるのは間違いないですが、試合を見に行くファンはそういう選手がいたらきっと球場に足を運びたいと思うんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク




 

大阪桐蔭との関係は?

佐々木選手の事を調べると大阪桐蔭高等学校というワードがよく出てきますが、佐々木選手はずっと岩手で生活していますし、野球もずっと岩手でプレーしています。

 

 

大阪桐蔭というワードが出る理由としては、佐々木選手は中学時代、軟式野球部でプレーしていましたが、その時代に、大阪桐蔭の監督が何回も足を運んでいたそうなんです。

 

 

 

そんな大阪桐蔭の監督が大注目していたという事で佐々木選手を調べると大阪桐蔭というワードが出てくるんですね!

スポンサーリンク




甲子園出場、2019年ドラフト候補

2018年7月10日の高校野球岩手県大会の大船渡の初戦の相手はシードの盛岡三でしたが、見事11対2で大勝しています。

 

 

そして甲子園出場への可能性ですが、岩手の強豪と言われているのは、花巻東高校一関学院高校盛岡大学附属高校といった感じですね。

予想としては、花巻東と一関学院で準決勝か、大船渡がその一関学院を破って、花巻東とぶつかるか!

 

中々熱い組み合わせですよ!

 

準決勝を勝ち進んだ3校のいずれかが、恐らく決勝で盛岡大学附属と対決といった感じになりそうです。

 

 

2018年7月10日現在、西日本豪雨で平成最悪の被害と言われていますが、大船渡の佐々木選手も9歳の時に東日本大震災で自宅を流れる被害を受けており、生まれの陸前高田市から、現在の大船渡市に、移り住んでいます。

 

そんな佐々木選手が、大谷2世と大注目を浴びており、岩手大会初戦で11個の奪三振を取り、打っても6打数3安打の大活躍。

 

 

このまま順調に勝ち進めば2019年ドラフト指名もかなり濃厚な選手だと思うので、頑張って欲しいですね!!

スポンサーリンク




 

Twitterでの反応

 

 

スポンサーリンク




佐々木朗希選手の変化球

佐々木選手の持ち球ですが、ストレートの球速はもちろんですが、キレのあるスライダーフォーク、そしてストレートの球速と比べるとかなり緩急のついたチェンジアップですね。

 

 

ストレートのあのスピードからチェンジアップを投げられたら中々タイミングを合わせるのは困難かと思いますが、更に一瞬ストレートかと思ったらストンと落ちるフォーク。

 

良い持ち球を持った選手だと思います。
これで2年生ですから恐ろしいですよね。。。

 

 

 

やはり、高校2年生で154キロという球速を投げるという事で、かなり注目を浴びている事がわかりますね。

 

 

 

岩手県大会の初戦では初回打者に153キロのからいきなり入りましたが、ストレートの四球をだし、2回にはホームランを打たれるなど、立ち上がりにはまだ不安が残る佐々木選手ではありますが、久々に160キロに手が届く投手が出てきたなど、佐々木選手への期待がかなり感じられました。

 

 

最後に

個人的に感じた事ですが、岩手県大会の初戦で154キロを出したのは、実はホームランを打たれた後なんですよね!(笑)

 

こういう負けず嫌いな男性って大好きなんですよ!

もちろん、投手はカッとなってムキなったら負けだと思っていますが、負けん気や強気な姿勢というのは一緒にプレイをしているチームメイトにも良い影響を与える事もありますし、まだ高校生ですから、次の試合からもガンガンに感情をむき出しにして投げていって欲しいと個人的に思っています。

 

 

大谷2世の「佐々木朗希」選手。今後の活躍に大注目です!

7月14日追記

大船渡高校は「佐々木朗希」が登板する事なく敗北してしまいました。

そして大船渡を破ったのは、11人の選手のうち2人が「ボート部」という西和賀高校です。

第100回夏の高校野球は波乱の大会となっていますね。

そんな西和賀高校について調べてみました。

西和賀高校、野球部助っ人のボート部は誰?メンバー紹介【甲子園】

2018年7月14日に行われた、高校野球選手権岩手大会の3回戦が行われました。   そして、大谷二世と話題となった大船渡が西和賀に敗れましたね。 今年強豪とも言われていた、大船渡を破った西和 ...

この記事も見られています

八王子学園の安藤徳明監督と安藤大斗選手の親子鷹|2018甲子園

2018年7月12日に高校野球西東京大会で八王子学園八王子高等学校が東村山高校にコールド勝ちという良いスタートを切りました。     3年ぶりの甲子園を目指す八王子学園ですが、今年 ...




-スポーツ, 高校野球
-, , , ,

Copyright© スリーチェック , 2018 All Rights Reserved.