ガジェット

+メッセージの使い方と対応機種は?iPhoneとandroidの違い

更新日:




docomo、au、ソフトバンクの大手携帯会社3社が共同開発した+メッセージ(プラスメッセージ)が5月9日から利用開始します。

一言で言ってしまえば「LINE」と同じなのですが、携帯の電話番号でやりとりができるので

余計なアカウント登録を必要としません。

電話番号で管理されているので、なりすましや乗っ取りの可能性は低くなります。

お子様に携帯を持たせている親御さんは、お子様がネット被害にあう可能性を下げることができるので

+メッセージを利用してみるのもいいかもしれませんね。

また、iPhonとandroidに関しても違いがあったのでご紹介していきます。

+メッセージはいつから開始されるのか?楽天にも対応する?

 

アプリをアップデートして利用する

+メッセージは、SMS(ショートメッセージサービス)を進化させた機能です。

ですので、プリインストールしてあるSMSをアップデートすることで+メッセージを利用することができます。

各キャリアごとにアップデート方法が違いますのでご注意ください。

ソフトバンクは5月9日に自動的にアップデートされます。

アップデートされない場合は、googlePayからアップデートしてください。

auは「auMarket」でアップデートすることにより、SMSが+メッセージに変わります。

ドコモは、ドコモアプリ管理からアップデートできます。

また、2018年5月以降に購入したandroidには、+メッセージがプリインストールされています。

アイコンが追加されますのでタップして設定を行います。

設定を行う際は、各キャリアの通信確認のため、wi-fiを切る必要がありますのでご注意ください。

5月9日から利用できるのはandroidのみ

iPhoneは、各キャリアから発売されていますが、サービスの大元はAppleとなっています。

修理なども各キャリアのショップでは対応してくれないですよね。

androidは各メーカーが携帯会社に合わせて製作しているので、5月9日に対応してくれます。

ゲームアプリでもandroidとiPhoneでは配信日時が違っているものがありますよね。

それと同じ感じで、iPhoneとiPadに関しては、すぐに利用はできません。

対応日時は後日発表される予定です。

ガラケは、+メッセージ非対応となっています。

通話料金はかからない

従来のSMSでは通話料金を使用してメッセージを送信していましたが

+メッセージ同士での利用は通信料を使用します。

パケット定型プランに加入していれば、料金は気にせず利用できますね。

そして、相手がガラケだと+メッセージで従来のSMSが利用できます。

ただし、その際は通話料金でメッセージのやりとりとなるのでご注意ください。

セキュリティーも安全

冒頭でも書きましたが、電話番号を利用してのサービスとなります。

プロフィールなどの情報も、携帯電話の電話帳に登録している人のみへの公開となっています。

IDやパスワードなども必要としないため、乗っ取られのリスクが激減しますね。

特に、携帯を持たせたばかりのお子様や、ネットセキュリティに詳しくない方には+メッセージでのやりとりの方が安心だと思います

まとめ

LINEがここまで普及している以上、どこまで市場を獲得できるかが肝となりますね。

セキュリティに関しては、+メッセージの方が高いです。

従来のSNSサービスとは違う特徴的なサービスを開始できるかが重要という意見もありますが

これから発売するandoroidにはプリインストールされていることもあり

ある程度は利用者が増えるのではないかと思います。

また、セキュリティに特化して売り出せば、友達同士というより、会社内でのやりとりなど

情報が漏れてはいけない相手とのやりとりをするツールとして利用することもできますよね。

親族とのやりとりも、+メッセージで行うことにより、なりすましによる詐欺被害も減少するのではないでしょうか?




-ガジェット

Copyright© スリーチェック , 2018 All Rights Reserved.