アニメ・漫画・声優 映画

コナンに出てくる安室透、名前はいくつ?降谷零が本名!元ネタは?

更新日:




原作青山剛昌氏の大人気漫画「名探偵コナン」

2018年4月13日に新作映画『名探偵コナン ゼロの執行人』が公開されます。

今作でのメインキャラクターは、タイトルにもつけられている「ゼロ」こと安室透(あむろとおる)です。

そんな彼には、名前がいくつもあり、一体どれだけの名前があるのでしょうか?

そして、彼を語る上で外せないのがガンダムなんです。

個人的なことですが、小さな頃はコナンが大好きで読んでいたのですが

最近は読まなくなって、久しぶりに映画を観ると知らないキャラクターが主要人物になっていて困惑しました。(笑)

そこで、今回メインキャラクター担っている降谷零について、少しでもわかってもらえるようにと思い、調べてみました。

櫻井武晴脚本のコナン映画のあらすじと感想。全4作品で最新作も担当

「劇場版名探偵コナン ゼロの執行人」が公開して3週間が経ちました。 今作の映画脚本は櫻井武晴さんです。 櫻井さんはドラマ 相棒の脚本を担当しているので有名ですが、劇場版コナンの作品はゼロの執行人で4作 ...

 

プロフィール

本名:降谷 零 (ふるや れい)

年齢:29歳

所属:公安警察 ・ 探偵 ・ 喫茶「ポアロ」の従業員 ・  黒の組織のメンバー

別名:安室透(あむろとおる)・バーボン

あだ名:零(ゼロ)

ということで名前としては3つの名前を持っています。

スポンサーリンク




ガンダムとの関係性

降谷零(ふるやれい)、安室透(あむろとおる

この2つの名前を分けて合わせて見ましょう。

ふるやとおるれいあむろとなりますよね?

古谷徹アムロレイ

もう分かりますよね?

機動戦士ガンダムの主人公アムロ・レイ、声優の古谷徹さんを指しています。

そして降谷零の声優も、古谷徹さんが担当しているのです!

探偵コナン原作者の青山剛昌さんは、ガンダムの大ファンだと公言しており

降谷零を取り巻くキャラクターはガンダムにまつわる設定が多いです。

いくつか紹介したいと思います。

降谷零のライバル、赤井秀一

 

彼はFBIに所属しており、降谷零と同様に黒の組織にスパイとして潜入しています。

黒の組織でのコードネームはライ。

そしてある男の死をきっかけに、降谷零は赤井秀一を敵対視しています。

そしてその赤井秀一の声優が池田秀一さん、シャア・アズナブルの声優なのです!

赤いといえば=シャアですよね?

なぜこの2人はライバル的存在となっているのか?

これは、一言で言うならば降谷零の勘違いが原因なんです。

原因はスコッチという男

これは黒の組織で潜入していた時のお話です。

バーボン(降谷零)とスコッチは警視庁公安部の潜入捜査官として共に黒の組織に潜入していました。

そしてライ(赤井秀一)はFBIのスパイとして黒の組織に潜入していました。

お互いスパイとして潜入していましたが、正体を勘ぐりつつも、同じ志を持った仲間だとは知らない状態でした。

そんな中、ある日バーボン(降谷零)は壁にもたれて絶命しているスコッチと、返り血を浴びたライ(赤井秀一)を目撃してしまったのです。

そしてライ(赤井秀一)は「裏切りには制裁をもって答える・・・だったよな?」と言い放ちます。

仲間を殺されたことについて憎悪を抱いていたように思えますが、それだけが理由ではありません。

ライ(赤井秀一)はスコッチを撃ったかのように振舞っていますが、実際はスコッチが自殺をしました。

当時は仲間が殺されたことにより興奮状態であったバーボン(降谷零)ですが

持ち前の洞察力で、その事実にたどり着きます。

そしてライが赤井秀一だと判明し、ならなぜバーボン(降谷零)は、スコッチに自決という道を選ばせたのだ。

もっと他にいい選択ができたはずだ。彼(赤井秀一)ほどの人間ならそれができる。

なのになぜ・・・。と、憎悪を抱いています。

このお話し、真実は降谷にとってとても残酷な内容なのです。

スポンサーリンク




ライ(赤井秀一)はスコッチを救おうとしていた

スコッチはライ(赤井)に追われていると勘違いし、ライ(赤井)の拳銃を盗み自殺をしようとします。

赤井は自分がFBIのスパイであることをスコッチに打ち明け、スコッチを逃がすと宣言しました。

ところが、後ろから足音がして気を取られた赤井。追っ手が来ている!?

スコッチはその瞬間自身の胸に拳銃を当て自殺。

そして足音の主は、バーボン(降谷零)だったのです。

ライ(赤井)はスコッチにしかスパイであることを明かしていませんから、当時のバーボン(降谷)にはスパイであることは打ち明けなかったのですね。

もちろんバーボン(降谷)も打ち明けていません。

すれ違いから生まれた関係だったのですね。

ゼロの執行人の脚本も担当した櫻井武晴さんのコナン映画全4作品

 

コナンの映画が視聴できる

U-NEXTではコナンの映画を見ることができます。

期間限定で全ての映画を無料で見ることもできます!!

さらに、その他の映画やドラマなどもVODの中でトップクラスに多いのが特徴です。

新規入会なら、31日間の無料期間もついてくるので試しに登録してみてはいかがでしょうか?

最新の映画などはポイントと呼ばれるもので支払って視聴できるのですが、ポイントはチャージ支払いだけでなく、毎月付与されるので

月額の支払いだけで、最新映画も見ることができます。

その他の動画は月額料金で視聴することができます!

月額1990円ですが、ポイントは毎月1200ポイントももらえるのです!(無料期間内は特典600ポイント)

31日間は無料なのでオススメです!



まとめ

いかがでしたか?

降谷零は、安室透という偽名を使っており、黒の組織でのコードネームはバーボン。

名前は3つ存在しており、あだ名としてゼロと呼ばれることがあります。

名前の元ネタはガンダムで、青山剛昌氏がガンダムが好きであることから、その名前が付けられたとされています。

声優もガンダムの声優を起用していて、ライバル的存在の赤井秀一もガンダムが元ネタとされています。

この2人は今後も重要なキャラクターとして登場することが多いと思います。

最近では、コナンの映画は毎年見に行くのが恒例となっており、昔の物語しか知らない私にとっては

キャラクターの事前勉強がないと、映画を楽しむ前に、この人だれ?となってしまいます。

コナンはこれから最終回に向けて連載していく、との情報もあり、今一度おさらいするのもいいかもしれませんね。

櫻井武晴脚本のコナン映画のあらすじと感想。全4作品で最新作も担当

「劇場版名探偵コナン ゼロの執行人」が公開して3週間が経ちました。 今作の映画脚本は櫻井武晴さんです。 櫻井さんはドラマ 相棒の脚本を担当しているので有名ですが、劇場版コナンの作品はゼロの執行人で4作 ...




-アニメ・漫画・声優, 映画

Copyright© スリーチェック , 2018 All Rights Reserved.